鳥取県の工房で【音楽/ネコ】を中心にオリジナル木製品の製作などを行っています。

表飛悠人についてもっと知りたい方はこちら

表 飛悠人

このページを開いてくださってありがとうございます!

音楽とネコが好きな木工屋、表飛悠人(オモテヒュウト)です。

自然豊かな鳥取県の工房で日々木を削っています。

チェロ弾きとしても活動中です。

●鳥取バロックアンサンブル 2011年~

●Emu♪(ピアノ弾き語り&チェロ)2016年~

●その他ブライダル演奏など

YouTubeチャンネル『Hyuto’s Music Room』

 

銘木工房ゆら木

2016年より本格的に始動。音楽とネコを中心にオリジナル木製雑貨を作り、主にインターネットで販売しています。

地元材を使った商品を鳥取で販売したり、鳥取市周辺の公民館/団体様にお声かけいただき木材を使ったワークショップを行ったりもしています。

ゆら木について詳しくはこちらをご覧ください。

生い立ち

少年時代

何となく似ていますね(笑)

若い世代に通じなくなってきていて焦りますが、わたしの名前は「星飛雄馬(ほしひゅうま)」からきています。親の思いとは裏腹にバリバリのサッカー少年でした。

また、祖父の影響を受けて釣り/将棋/木工が、父親の影響を受けて洋楽が好き(Billy Joel, Eric Clapton, Journeyあたりに夢中)でした。小学5年生のころから近所のピアノ教室に通い始めます。

ゲームやカード、ボール遊びや鬼ごっこなども大好きな普通の少年だったと思いますが、毎日を本気で楽しむことに全エネルギーを注いでいたので遊びに関してはやり切った満足感があります(笑)

色々と工夫して、下に2人いる弟や今でも親しくしている友人たちと楽しくやっていました。

学生時代

中学生のころは部活(卓球)、ピアノ、釣り、相変わらず友人たちと色々面白そうなことをやってみる、そんな毎日でした。

何となく「魚の研究者になりたい、リュウグウノツカイとか追いかけたい」などとロマン溢れる夢を語り、大学へ行きたいということで地元の進学校へ進みました。そこで待っていたのは…

ピカピカの高校1年生たちが見つめるステージ上で、たくさんの部活が工夫を凝らしたプレゼンをしていきます。そこへ弦楽器を持った集団が現れ、無事わたしは惹き込まれました(笑)

それからというものチェロが毎日の中心となり、高校3年間はチェロを弾きに通っていました。弦楽部というとても珍しい部活を立ち上げてくださった先人の方々には本当に感謝しかありません。

そして在学中にあるヴァイオリン製作家と出会い、楽器職人という職業があることを知ります。

大の得意分野というわけでもなかったのですが、木工は昔から好きだったのでなぜか楽器作りを絶対に好きになるという確信があり、弟子入りをお願いしました。

ヴァイオリン製作学校時代

快く迎えてくださり、鳥取県倉吉市にアトリエを構える岡野壮人氏の下で勉強させていただくことになりました。

『鳥取ヴァイオリン製作学校』という名称の私塾という形で始まり、それはそれは刺激的な毎日でした。

道具の仕立てなど基本的なところから、楽器の作り方直し方などの基礎の基礎を学びました。

学校とは言え師匠と弟子という関係だったので凄い時には1か月ほとんど雑用しかしていない、というような期間もありましたが、変わり者のわたしに数多くの指導をしてくださった岡野氏には頭が上がりません。

最終的には、目指すところの違いなどから3年半を迎えた頃に退学を決意しました。

自宅で色々やり始めた時代

社会的地位も何もありません、逆に失うものも何もない状態だったとも言えます。

残ったものは音楽への情熱と木工技術のみ。漠然と描いていたのは、いつか自由気ままに楽器が作れるようになったらいいなあという淡い希望でした。

もちろん世の中は甘くなく、徐々に厳しい現実を目の当たりにすることになります。

まずは生活費をということで発掘のバイトを始めます。道路工事に伴う発掘調査ですが、そこはさすが鳥取、掘れば掘るほど木製品や土器が出てきました。

↑わたしが入っていた青谷横木遺跡で出土した木製祭祀具 写真:鳥取県埋蔵文化センター

弥生人の脳が出てきたことでも有名な青谷上寺地遺跡など、鳥取県埋蔵文化センターの方いわく「鳥取は東アジア随一の保存に適した土壌を持つ地」とのことです。

脱線しました(笑)

バイトをしながら自宅の作業部屋で作った木製雑貨をネットやイベントなどで販売していましたが、やはり1日の大半を肉体労働に費やしていて生産性が上がるはずもなく、そして何より木に触れる時間が少な過ぎることで技術が鈍っていく感覚がありました。

このままでいいわけがない…ということで数か月でバイトを辞め、まずは木製雑貨販売で稼げるようになることを目標に掲げ自宅にこもる日々がスタートしました。

↑こんな感じの、2.5畳くらいのスペースの部屋を作ってその中で作業していました。夏は恐ろしいほどの暑さでした(笑)

ちなみにずっと親元です。半ばニートとも言えるこの状況を許してもらえたことで今に繋がります…

ゆら木スタート、現在まで

初期

どんなものを作ったらいいのか試行錯誤していました。最初はカオスな状態でした(笑)

初期のころは世界中のとても珍しい材木、銘木を使ったアクセサリーをよく作っていました。

特に1番右のチューリップウッド(ブラジリアンローズウッド)というピンク色の木目が出る木は本当に希少価値が高く、普通には手に入りません。

アウトラインがたどたどしいですが…

これほど全体的にピンクで綺麗な材は今後果たして手に入れることができるのでしょうか、少し取っておけばよかったなあと思います。

これも初めのころに作ったものの1つ、鳥取市のある作曲家の方からのオーダーで、ヴァイオリン型看板です。

突然ですがこちらはミシシッピアカミミガメのニックです。脱走癖があります。

生き物も好きで、熱帯魚をいろいろ飼ってきました。いつかネコを…と思っていますが今は借家なので飼えずです。

ネコは自由で癒されます。美しい曲線も魅力的です。

というわけでネコ雑貨も作り始めました。

発表会記念品

高校卒業を機に辞めてしまったピアノでしたが、ピアノの先生とはそれからもやり取りは続いていました。

ある時「発表会の記念品を作ってもらえないか」という話をいただき、なるほどそうか!と衝撃が走りました。

↑今は作っていませんが、色々な銘木のピアノストラップたちです。

毎年のピアノ発表会、そういえば全部終わった後にいつも音楽関係のタオルやコップ、筆記用具などの記念品をもらっていました。何気に楽しみだったものです。

生徒は何も考えずただ受け取るだけでしたが、実は先生は毎年苦労されていたのでした。1度あげたものはもうあげられない、カタログを見ても同じようなものばかり…

手作りの木製ピアノ雑貨、これは他にないオリジナルなものになるに違いないという確信がありました。

それから少しずつ知り合いのピアノの先生、ネットで繋がったピアノの先生方から発表会記念品のご注文をいただけるようになりました。

開業届提出

ずっと売上は趣味レベルだったのでこういったことをやっています、と胸を張ってはなかなか言えない状態でしたが、ついに2016年6月に開業届を提出しました。

実際は出さなくても問題はないそうなのですが、区切りということで…

表立ってはこの時にゆら木開業ということにしています。

工房移転

さすがにあの作業部屋でやり続けることはあまりにも無理がありました。

工房として使わせていただける場所がないか周りの知り合いに相談していたところ、廃校になって10年くらいの旧湖南中学校とご縁が繋がり、2017年12月、正式に鳥取市教育総務課から同校の理科室を借り受けて移転しました。

この理科室(及び理科準備室)を大改造して現在工房として使っています。

ちなみにこれは何度も通って残されたものの処分や掃除がある程度終わったところの写真で、実際はたくさんの生き物たちが終の棲家に選んだユートピアでした(笑)

今の状態はそれはそれで散らかっていたりするので写真が撮れませんが…電気工事士や家具屋の友人たちの手も借りて、快適空間になっています。

工房裏に引っ越し

車で片道15分くらいの自宅から通っていましたが、工房近くに住めたらなあということで家を探し始めたところ、工房裏の空き家の持ち主と繋がって貸していただけることになりました。

築60年くらいの大ベテランですが素人目にも分かるくらいしっかりした作りのお家です。

2018年7月に無事引っ越しできて現在に至ります。

終わりに

いかがでしたでしょうか、表飛悠人という人物について少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです!

どうか末永くよろしくお願いいたします。

 

◇代表者 略歴◇

2011年3月 鳥取県立鳥取西高校卒業
2011年4月 鳥取ヴァイオリン製作学校入学
2014年9月 鳥取ヴァイオリン製作学校中退
2016年6月 銘木工房ゆら木開業
2017年12月 工房を鳥取市立旧湖南中学校へ移転
2018年7月 工房裏の空き家へ転居

ご注文/ご質問等お気軽にお問い合わせください。 TEL 080-5359-9965 受付時間 9:00 - 18:00 [基本年中無休]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 銘木工房ゆら木 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.